家族から離れて暮らして、今歓びに包まれる!


やっと主人と別居することができました。
長年悩み、苦しみの中にいたのが一気に解消されました。まだスタートの第一歩となりますが、その一歩を勇気をもって踏み出す決心をしたこと、そこに至るまでの葛藤を考えると、やはり「うれしさ」のほうが優先します。

今までも、今でも、相手のことを考えてしまうので、まだ迷いは残ります。それはゆっくりこれから考えるとして、今は一時だけでも「休む」ことに専念しようと思います。365日、働き過ぎでした。

今の生活は以前からしたら、天と地ほどの差があります。朝から夜まで自分の身の回りのことだけをすればいいからです。朝も家族6人が使った家中の掃除から解放されました。仕事から慌てて帰宅して、家族のご飯の支度に即効とりかからなくても大丈夫です。娘3人から孫の世話を必然的にさせられることはありません。主人と同じベッドに寝ないですむことで、ぐっすり眠れます。主人が見て夜中までつけっぱなしのビデオを気にしないで眠れます。

時間を自分のためだけに使えるというのは、本当に幸せです。